結婚式は素敵なのだ

あさぴーは望んだように言ってくれたよ私たちの声は聞こえなかったけどね彼は私たちを見てくれていたよ嫌だしたくないし本は耳をふさいでうずくまりました。
とずっとあなたのために言っていたあなたのために声を聞かなくなったあなたの望みを叶えたくて叶えたくて粛々と処分はなくだけでした結婚式の時ですお嬢様と目が合いましたとても透き通った目でしょぼんには見つめることなどできず思わず俯いてしまいましたまるでまるでお嬢様の目があの時の庭は素敵だったのにと語りかけてくるようでそれからしょぼんは腑抜けてしまいました。
何をしてもぼんやりとして仕事にも身が入らなくなりましたそしてさようならさようならしょぼんは庭師を解雇されてしまったのです小さい時から庭師の仕事だけを教えられてきました