『右胸にありがとう そしてさようなら5度の手術と乳房再建1800日』を読んで

さて、寒さが身にしみるこの季節、皆様体調はいかがでしょうか。私が、先日読んだ本に、株式会社光文社から出ている、生稲晃子さんの、『右胸にありがとう そしてさようなら5度の手術と乳房再建1800日』という本を読みました。生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれで、東京都出身です。芸能人として、女優、タレントとして、テレビや舞台で活躍されている方です。本の中でも紹介されていますが、健康番組や、テレビ朝日系の『ちい散歩』『若大将のゆうゆう散歩』に出演されていた方です。2011年3月に、がん告知をされ、2016年4月までのことが本には書かれています。芸能人で、がんを公表しないで仕事をしていたと本に書かれています。生稲さんは、5度の手術を経験されています。この本からは、乳がんの苦しみが相当なものであることがわかります。医師から、がん再発の際は、命の保証ができないこと、他の臓器に転移していく可能性があることを言われています。病気の傍ら、秋野暢子さん、加山雄三さん、地井武男さん、大竹まことさんと仕事で共演し、大竹さんの言葉が励みになったとあります。病気があるのですが、仕事が生きがいになっていたことがわかります。生稲さんは、病によって、不安に押し流されそうになることもあったと書かれています。普通を保つことがいかに尊いかをこの本を読んで、気づかされます。